ティロ脳

まどマギ考察を言い訳にした屁理屈サイト。でも全ては愛なので許してください。

強大すぎる魔力がもたらした代償 ~ 異説 悪魔ほむら論(3/3)

「“まどかを覚えていたい”との願いで、リボほむは魔法少女となった ~ 異説 悪魔ほむら論(1/3)」「まどかの記憶を巡る暁美ほむらの戦い ~ 異説 悪魔ほむら論(2/3)」の続きです。 


 前回までの考察で私は、悪魔ほむらは何か特別な能力を持っているわけではない、と結論づけました。それでは、ほむらの悪魔化とは何だったのでしょうか。
 そこに触れる前に、彼女の能力のポテンシャルについて考えてみます。



 ほむらは記憶の具現化の魔法を使って、自在に戦闘スタイルを変えることができます。剣などを使えば接近戦も可能ですし(体力を使うので、あまりやらないと思いますが)、ティロ・フィナーレをぶっ放すことだってできます。さらには、トマホークや地雷原などの近代兵器から、ワルプルギスの夜のビル体当たり攻撃まで、記憶にあるものなら何でも具現化してしまうでしょう。それも時間操作付きで。これはもう、チートどころかほとんど無敵。最強の魔法少女と言って良いと思います。
 記憶の具現化は戦闘以外にも利用できます。小腹が空いたらパンを具現化すればいいし、消しゴムを忘れても隣の人から借りなくていい――といった細かなことはさておき。彼女が記憶しているものなら、金銀財宝から大邸宅まで何でも具現化できます。その気になれば、好き放題できてしまうのです。
 また記憶操作の魔法は、ある程度人心を操ることができます。自分の都合の良いように、社会のルールを変えることも可能でしょう。極端な話、一国の権力者として君臨することも不可能ではありません。
 おそらくこれがキュゥべえの言う、「歴史に転機をもたらし、社会を新しいステージへと導いた」魔法少女のレベルなのだと思われます。


 もっとも、実際にどこまでそれが可能かは、彼女が持つ魔力の大きさに制限されます。しかし多くの方が指摘してきたように、ほむら自身もまた、度重なる時間遡行で因果を束ねてしまった存在です。まどか並に破格な素質が備わっていた可能性は、十分考えられるでしょう。彼女の魔力のポテンシャルは、ほとんど無限大と言って良いかも知れません。
 そこにほむらは気付いてしまうのです。あまりにも強大すぎる魔力に。この世界に対する影響力の大きさに。もはや、いち魔法少女の範疇には収まらない存在となってしまったことに。


 ここでようやく、悪魔ほむらとは何なのかとの答えにたどり着きました。悪魔ほむらとは、魔法少女暁美ほむらが、己の強大すぎる魔力を自覚した姿ではないでしょうか。



 そう考えると次のほむらの発言も、少し意味が違ってくるかも知れません。
 「今の私は魔なるもの。摂理を乱し、この世界を蹂躙する存在。神の理に抗うのも当然のことでしょう?」
 「円環の理の一部をもぎ取っていった」と抗議するさやかとの会話の流れで出てきた言葉ですが、彼女はもっと広い意味で使っている可能性があるのです。
 「今の私は魔なるもの」――まず、自分はもういち魔法少女ではない、と断っているのでしょう。「魔なるもの」については、後ほど改めて触れたいと思います。
 「摂理を乱し、この世界を蹂躙する存在」――先に述べたように、自分はこの世界を意のままに操れるほど強大な力を持った存在である、との意味にも取れます。
 「神の理に抗うのも当然のことでしょう?」――「神の理」から、どうしても「円環の理」を連想してしまいますが、この世界を支配する条理の力とも受け取れます。実際ほむらは、条理に抗ってまどかをこの世界に現存させたからです。
 やはり悪魔化後のほむらは、自分の力を自覚し、正確に把握している様子が伺えます。


 さて、そうなると残る疑問は、ほむらが自覚したタイミングです。
 それを思わせる描写が見当たらないので、勝手に想像させてもらうならば、彼女の悪魔化の直前あたりと考えるのが自然でしょう。そのきっかけとなりそうなのが、魔女化前のキュゥべえとのやり取りです。彼の長台詞の中に、重大なヒントが一通り語られていた可能性があるからです。
 自分の固有魔法は記憶の具現化であること、その応用で記憶操作もできること、まどかを覚えていることは条理に反した奇跡であること、つまりこの世界の自分は、まどかを覚える願いで魔法少女になったらしいこと……。
 ほむらとしても、長い間自分の固有魔法を掴みかねていた以上、自分が何者なのかをずっと考えてきたことでしょう。キュゥべえの話を聞くことで、彼女は初めて自分の能力を正しく認識できたという推察も、あながち突飛ではない気がするのです。
 もっとも、その段階ではまだ半信半疑で、まどかを捕まえた「叛逆」は一か八かの賭けだったかも知れません。それでも、まどかの「記録」を円環の理から奪うのに成功し、それに伴って世界が改変されたことを見て、ほむらは確信へと至ったのでしょう。これが悪魔化の瞬間ではないかと、私は思います。


 あと余談になりますが、その後のキュゥべえはデビほむによって大変な目に会います。その覚醒を手助けしたのが、孵卵器たるインキュベーター自身だったとすれば皮肉な話です。



 かくしてほむらは、強大な魔力を使って世界の新しいあり方を創造しました。その後の彼女は、世界を牛耳り、社会を新しいステージへと導くのでしょうか。
 それはないと思います。まどかのこと意外はいたって無関心な彼女です。多くの方が仰る通り、インキュベーターの動向を牽制しつつ、この世界の安定をコントロールしながら、まどかが幸せに過ごす姿を遠くから眺めていられれば、多分それで満足するのだと私も思います。
 ただ、ほむらが自分自身の力をどう評価しているかを考えると、彼女の性格から言って、もっと抑制的な方向に向かうかも知れません。


 ほむらの魔力は、この世界に対してあまりにも強大すぎます。欲しいものは簡単に手に入れられますし、誰かから攻撃されても一撃で撃退してしまうでしょう(ゆえに、続編のさやかにはイヤな予感しかないのですがw)。特にやっかいなのは、他人の心まで操れることです。多分、彼女はそんな自分の魔力を、恐ろしいと感じていると思います。悪魔のようだと思っていると思います。そして、己の欲望のためだけにその力を使った自分自身を、醜いと感じていると思います。
 ほむらが自分自身を「魔なるもの」と言っているのは、そんなネガティブな自己評価の表れなのではないでしょうか。
 だとすれば、もうこれ以上は自分の力を発動させないように、誰とも関わらない所まで距離を置こうと考えたとしても、無理も無いことかも知れません。さやかを挑発しつつも争わない方向にし向け、人知れずマミや杏子に別れを告げたのには、その意思表示だったのでしょう。

 これまでのほむらの人生は、あまりにも過酷でした。過酷な人生の果てに得たものは、あまりにも強大な力でした。とうてい誰かに分かってもらえる話ではないでしょう。今の彼女にしてみれば、孤独の中に平安を求めるしかないのかも知れません。
 こうして人から距離を置いたら、この世界からも距離を置こう。何ものからも心を乱されず、息を潜めて静かに生きていこう。そして自分の存在をもっともっと希薄化して、極力誰からも認識されずに生きていこう。そう、この世界を統べる概念のように……。
 『叛逆の物語』ラストのほむらの身投げは、この世界から降りる、という意味だったのかも知れません。



 最後に、少し抽象的な話を。
 悪魔のごとき力を持った暁美ほむらが生まれたのは、まさに鹿目まどかという神が生まれた瞬間でした。光が生まれれば影が生まれるように、表が生まれれば裏が生まれるように、陽が生まれれば陰が生まれるように、神が生まれた瞬間に、今のほむらは生み落とされたのです。
 そういった意味で、ほむらは神まどかの対となる存在です。悪魔が神の対義語であるならば、彼女はまさしく「悪魔とでも呼ぶしかない」存在でしょう。そこに、ことの善悪はありません。ただただ神の対としての悪魔です。
 

 思い返してみれば、まどかが魔法少女としてほむらの前に現れたことで、時間遡行者ほむらが生まれました。ほむらが時間遡行を繰り返すことで、まどかは神になる道を選びました。神まどかが生まれたことで、悪魔ほむらが生まれました。そして悪魔ほむらの叛逆で、まどかはこの世界での存在を取り戻したのです。
 鹿目まどかと暁美ほむら……小さくとも崇高な二つの魂は、出会った瞬間から、互いに表と裏を交代しながら絡み合う二重螺旋のようにして、物語を紡いできました。『叛逆の物語』のラスト、半分だけの月はまどかを、半分だけの大地はほむらを表しているのかも知れません。どちらも一人なら半分だけ。二人合わさって完全となります。
 一つの魂が別れて二人の人格となる、ツインソウルという概念が実在するならば、まさしくこの二人がそうなのでしょう。


 今、ほむらの気持ちを理解して寄り添うことができるのは、自らも概念の世界に住む、神まどかだけです。今後、彼女が何らかのアクションを起こすなら、そこから新しい物語が動き出すかも知れません。そんな妄想をしつつ、「異説 悪魔ほむら論」を終えたいと思います。


 


 ……しかし何ですな。よくもまあ好き勝手こじつけたもんだと。新房監督も「ほむらだけがまどかを覚えているようにしたのは、まどかの失敗」と言ってますから、前提条件からして違うし。
 でもまあ、これはこれで改変後のほむらの物語にはなってると思うので、独自解釈に基づく二次創作として、大目に見ていただければ嬉しいです。 


※ よろしければ、今回の考察の元となった記事にも目を通していただければ幸いです。
 「ヒトとしての彼女の“記録”…って何?」
 「暁美ほむらのソウルジェムを限界まで濁らせたもの」





よろしければおポチください


×

非ログインユーザーとして返信する